工事情報 平成28年度

工事情報一覧(工事名をクリックすると詳細欄へジャンプします)

工事名場所発注者
士幌33号線交付金 朝陽橋補修工事士幌町士幌町
朝陽明渠 災害復旧工事士幌町士幌町
町有林の沢小規模治山工事上士幌町十勝総合振興局
一般国道236号 広尾町 熊の沢橋災害復旧工事広尾町北海道開発局 帯広開発建設部
一般国道241号 士幌町 公衆便所外新築工事士幌町北海道開発局 帯広開発建設部
公営住宅解体工事(南百戸団地・睦団地)士幌町士幌町
畑地帯(育成)西上第2地区61工区士幌町十勝総合振興局
士幌町地域創造発信拠点施設新築工事(建築主体)士幌町士幌町
士幌町地域創造発信拠点施設外構工事士幌町士幌町
一般国道336号 広尾町 音調津法面防災工事広尾町北海道開発局 帯広開発建設部
一般国道274号 清水町 日勝大橋補修外一連工事清水町北海道開発局 帯広開発建設部
一般国道336号 広尾町 ビタタヌンケ法面防災工事広尾町北海道開発局 帯広開発建設部
静内中札内線防B改良工事(雪崩予防柵)(補正)中札内村十勝総合振興局帯広建設管理部
直別共栄線防B改良工事(擁壁工)(補正)浦幌町十勝総合振興局帯広建設管理部

士幌33号線交付金 朝陽橋補修工事

工事名

   士幌33号線交付金 朝陽橋補修工事

発 注 者   士幌町
施工場所 士幌町
工  期 平成28年11月8日~平成29年3月10日
工事概要

 橋面防水工、舗装打換え工、伸縮接手工、ひび割れ補修工、断面修復工、

 沓座モルタル打替、支承防錆工、橋梁足場等整備工

工事目的

完成後

朝陽明渠 災害復旧工事

工 事 名

   朝陽明渠 災害復旧工事

発 注 者   士幌町
 施工場所  士幌町
工  期 平成28年11月8日~平成29年1月20日
工事概要

 土工(掘削工・盛土工・法面整形工)、法面工(植生工)、
 護岸工(多自然型護岸工)、仮設工 工事用道路工・水替工)、
 水路工(プレキャストトラフ水路工)                                             

工事目的

 

町有林の沢小規模治山工事

工 事 名

 町有林の沢小規模治山工事

発 注 者 十勝総合振興局
 施工場所  上士幌町
工  期 平成28年10月28日~平成28年12月20日
工事概要

   伏工 1式                                                                                 

工事目的

  

着工前

施工中

                  完成後

一般国道236号 広尾町 熊の沢橋災害復旧工事

工 事 名

 一般国道236号 広尾町 熊の沢橋災害復旧工事

発 注 者   北海道開発局  帯広開発建設部
施工場所   広尾町
工  期   平成28年8月31日~平成28年9月30日
工事概要

   応急処理工、仮設工

工事目的

 

一般国道241号 士幌町 公衆便所外新築工事

工 事 名

 一般国道241号 士幌町 公衆便所外新築工事

発 注 者   北海道開発局  帯広開発建設部
 施工場所  士幌町
工  期 平成28年10月7日~平成29年3月29日
工事概要

   用途:公衆便所
 構造:木造平屋建
 延べ面積:公衆便所 153.95m2 1棟
     :駐車場庇  30.27m2 1棟  

工事目的

   本工事は、士幌町「道の駅」の整備計画に基づき、24時間使用できる公衆便所を新築する工事です。利用者の皆様に喜ばれ、快適に利用できる施設の建設を目指しております。

着工前

施工中

完成写真(外観2)

完成写真(外観3)

公営住宅解体工事(南百戸団地・睦団地)

工 事 名

 公営住宅解体工事(南百戸団地・睦団地)

発 注 者   士幌町
施工場所 士幌町
工  期 平成28年9月7日~平成28年11月24日
工事概要

  【 解体工事】
      南百戸団地 4棟
      睦団地         3棟

工事目的

 

着工前

完成後

畑地帯(育成)西上第2地区61工区

工 事 名

 畑地帯(育成)西上第2地区61工区

発 注 者 十勝総合振興局
 施工場所  士幌町
工  期 平成28年6月30日~平成28年12月9日
工事概要

   整地工、暗渠排水、石礫除去、客土、排水路工 

工事目的

   本地区は、褶曲した圃場・窪地圃場や排水不良の圃場、礫が多数残っている圃場が残っており、効率的な機械作業の支障になっているため、区画整理や暗渠排水・排水路整備による作業の効率化や品質向上を図り、客土・除礫等による土壌条件の向上を図ることを目的とした工事です。

着工前

士幌町地域創造発信拠点施設新築工事(建築主体)

工 事 名

 士幌町地域創造発信拠点施設新築工事(建築主体)

発 注 者 士幌町
 施工場所  士幌町字士幌
工  期 平成28年6月16日~平成29年3月10日
工事概要

 仮設工事、土工・地業工事、コンクリート・型枠・鉄筋工事、
既製コンクリート工事、防水工事、
タイル工事、木工事、屋根工事、金属工事、
左官工事、木製建具工事、金属製建具、
ガラス工事、塗装工事、内外装工事、
仕上ユニット工事

工事目的 現在の道の駅の新築移転に際し、国道241号と274号が合流した利点を活かした新たな観光拠点として、また来訪者に「士幌の魅力」を発信し、まち全体の発展に寄与するとともに、災害発生時には一時避難場所として被災者への支援等を行う防災拠点としての機能をもつ新しい道の駅を士幌町地域創造発信拠点施設として新設する工事です。
着工前

施工中

完成イメージ外観

完成イメージ内観

完成後外観

完成後内観

士幌町地域創造発信拠点施設外構工事

工 事 名

 士幌町地域創造発信拠点施設外構工事

発 注 者 士幌町
 施工場所  士幌町字士幌
工  期 平成28年6月16日~平成29年3月10日
工事概要

  土工一式、植生工一式、排水工一式、防火水槽工一式、照明工一式、
縁石工一式、
路盤工一式、 ベンチ工一式、サイン施設工一式、車止め工一式、
四阿工一式

工事目的 現在の道の駅の新築移転に際し、国道241号と274号が合流した利点を生かした新たな観光拠点として、また来訪者に「士幌の魅力」を発信し,町全体の発展に寄与するとともに、災害発生時には一時避難場所として被災者への支援等を行う防災拠点としての機能をもつ新しい道の駅を士幌町地域創造発信拠点施設として新設する工事です。
                  着工前

施工中

                  完成後

一般国道336号 広尾町 音調津法面防災工事

工 事 名

 一般国道336号 広尾町 音調津法面防災工事

発 注 者   北海道開発局  帯広開発建設部
 施工場所    広尾町
工  期   平成28年5月27日~平成29年3月23日
工事概要

   道路土工一式(掘削工、残土処理工)
法面工一式(植生工、法枠工、鉄筋挿入工)、
仮設工一式(足場工、防護施設工)

工事目的 一般国道336号の広尾町広尾橋からえりも町庶野までの約30kmは通称「黄金道路」と呼ばれ、太平洋の荒波と日高山脈の断崖に挟まれた道路です。この区間は、落石・土砂崩壊・波浪・雪崩などの災害が発生し、通行止めになることを解消するため、自然災害に強い道路整備を図る防災工事です。
着工前

施工中

完成後

一般国道274号 清水町 日勝大橋補修外一連工事

工 事 名

 一般国道274号 清水町 日勝大橋補修外一連工事

発 注 者 北海道開発局 帯広開発建設部
 施工場所  清水町
工  期 平成28年3月30日~平成28年12月2日
工事概要

 【道路修繕<日勝大橋工区>】

 舗装工一式、区画線工一式、橋梁付属物工一式、橋梁補修工一式、
現場塗装工一式、
トンネル工一式、構造物撤去工一式、仮設工一式

 【道路改良<石山工区>】

 道路土工一式、法面工一式、舗装工一式、排水構造物工一式、
構造物撤去工一式、仮設工一式 

工事目的 国道274号(日勝峠)での地震などの天災により起こる災害を未然に防ぐ為、老朽化により補修が必要な橋梁及びトンネルの整備また、雪崩発生を防止する工事です。大型車両の交通量も多く、トンネル及び急カーブも有る為、施工中、交通事故が発生しないように、万全な安全体制で取り組み、無事故・無災害で工事を完成いたします。

 

着工前

施工中

一般国道336号 広尾町 ビタタヌンケ法面防災工事

工 事 名 一般国道336号 広尾町 ビタタヌンケ法面防災工事
発 注 者 北海道開発局 帯広開発建設部
 施工場所  広尾町
工  期 平成28年3月26日~平成29年3月17日

工事概要

 掘削工一式、法枠工一式、アンカー工一式、擁壁工一式、波返工一式、
道路付属物工一式

工事目的

 この工事は、海と断崖に挟まれた国道336号(黄金道路)の安全な交通を確保するため、急峻な地形が連なる国道336号線は道東と道央を海岸線で結び、物流・観光・地域住民の生活道路として古くから重要な積を担ってきました。
 特に、本工事区間は、昭和9年の開通当時で約95万円、現在の貨幣価値では、約90億円もの大金を使い、「金を敷き詰めたくらいの資金を費やした道路」という理由から”黄金道路”と呼ばれています。構築されたもので、現在においても気象条件・落石等により度々、通行止めとなることから、早期に安全な道路をと待ち望まれていました。

ビタタヌンケ工区

着工前

施工中

完成後

宝 浜 工 区

着工前

施工中

完成後

静内中札内線防B改良工事(雪崩予防柵)(補正)

工 事 名 静内中札内線 防B改良工事(雪崩予防柵)(補正)
発 注 者 十勝総合振興局 帯広建設管理部
 施工場所  中札内村南札内(ピョータンの滝)
工  期 平成28年3月25日~平成28年11月16日
工事概要

 雪崩予防柵 H=2.50 W=2.75 N=69基 斜面用パイプアンカー φ139.8×6.0-3100 N=28本 φ114.3×4.50-2600 N68本 φ114.3×4.50-3100 N=184本

工事目的 この工事は、管内有数の避暑地である札内川園地(ピョウタンの滝)及び、日高山脈襟裳国定公園沿いの道道111号静内中札内線に位置しています。この地域は降雪量が多く、厳冬期に道路通行に影響を与える雪崩が近年発生しているため、雪崩予防柵を設置して道路の安全性を向上させる工事です。
着工前

施工中

                  完成後

直別共栄線防B改良工事(擁壁工)(補正)

工 事 名 直別共栄線防B改良工事(擁壁工)(補正)
発 注 者 十勝総合振興局(帯広建設管理部)
工   期 平成28年3月35日~平成28年9月6日
 工事概要 

 工事延長80m

 道路土工 法面工 擁壁工 消波工 天端被覆工   排水構造物工 舗装工 防護柵工   区画線工 道路付属施設工 構造物撤去工 仮設工

工事目的 直別共栄線は浦幌町直別と吉野共栄を結ぶ一般道道であるが、一般国道336号との接続により、並行する国道38号が万が一不通になった場合の代替ルートとして、また、新たな観光ルートとしての期待もされている事から、異常気象時(高波発生時)でも安全に通行が出来るようにすることを目的としています。
着工前

施工中

                  完成後

株式会社 平田建設

◆本社
〒080-1223
河東郡士幌町字士幌西2線160番地

01564-5-2062

01564-5-2376

info@hilata.jp

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。


会社概要はこちら

  いつも弊社ホームページを
  ご覧
頂き、ありがとうございます。